人気のベトナム料理【 ライスペーパーのご紹介 】
2019.10.09
こんにちは、協同食品株式会社(グルマンクラブ)の山野井です。

ベトナム料理といえば、どんな料理を連想しますか?



やっぱりお米を使った料理を思い浮かべますよね!



生産量、消費量ともに世界の五本の指に入る米大国であり、
米飯はもちろんのこと、お米の麺のフォーや生春巻きに使うライスペーパーなど
日本でもおなじみになっております。

ただし、ベトナムのお米は『インディカ種』という長粒種のお米で細長く、
パサパサした感じに炊き上がります。
ちなみに、日本で食べるお米は『ジャポニカ種』という短粒種のお米で短く丸みがあり、
炊くとねばりとつやが出るお馴染みのお米でございます。

また、以前にお客様より『ライスペーパーやフォーから異臭がする』というお問い合わせを
いただくことがございますが、これは『インディカ種』特有のお米の匂いであり、
じつは『ジャポニカ種』も匂いがあるようですが、
いつも食べていることから馴染んでいるので気にならないということです。



生春巻きっておいしいですよね!
お好みの具材を巻けますので、さまざまなスタイルの生春巻きができますし、
なんといってもつけだれですよね~!!
スイートチリソースやベトナム本場の魚醤ヌックナムから作る生春巻きのたれ(ヌクチャム)は
サイコーですよ!!
また、エスニック料理が苦手な人も市販のドレッシングでサラダ感覚で食べれるのも
非常にウケていますよね!







また、ライスペーパーを重ねて調理する飲茶で人気の『腸粉』などにもアレンジできて、
いろいろなスタイルにできるのでとても便利です。



あと、現地の露店ではライスペーパーを少し炭火で焼いて、その上にうずらの卵を割って、
具材と薬味をトッピングした後にチリソースをかけてスナック感覚で食べています。


乾燥したままで焼くんですね~(*^_^*)

さて、今回は日本でも人気のライスペーパーの作り方をご紹介します。

● 作り方はとてもシンプル



古くは、それぞれの農家がお米を砕いて加水した粘性のある液体を蒸し器(鍋ですね)の上に張った
平らな布に円形状に広げて、蒸した後に一枚ずつ乾かすというシンプルな作り方をしておりましたが、
時代とともに近代化が進み、現在では大量生産されております。
※ 大きな建屋の中で乾燥させています。



弊社取扱いの『アオザイブランド』のライスペーパーは、お米と食塩のほかにタピオカでんぷんを
加えることで、水を使って戻した後にもちもち感を醸し出すように仕上げております。



アオザイ  ライスペーパー 中サイズ(直径22cm)                                        500g(47〜50枚入)




● ライスペーパーの製造工程

① 米を2時間、水に浸したあと、挽いて米粉にする。



② 米粉、食塩、タピオカでんぷんをミキサーで撹拌する。



③ 撹拌後にタンクに貯めて、その後蒸し工程設備に流し込みながらシート状にしていく。
  ※ 厚さは約0.5mmになります。





④ 乾燥用のプラスチック製の板の上にライスシートが乗るようにセットし、
  板の大きさに合わせてカットする。
  ※ プラスチックの板は、ライスペーパーを剥がしやすくするために、すのこ状になっております。



⑤ ライスペーパーの水分量を約40%にするように、65〜70℃で30分乾燥させます。
  ※ 一次乾燥工程です。



⑥ 続いてファンとヒーターによる二次乾燥工程(30分)経て水分量を13〜14%まで下げます。



⑦ 押し抜きをする機械で型抜きのように丸くせん断します。



⑧ 工員さんによる手作業で検品作業で形が不揃いなものは整形したりします。



⑨ 計量後に袋詰めし、密封したら完成です。



● ライスペーパーの上手な戻し方

ライスペーパーは乾燥していますので、ボールなどの器に入れた水に浸す様子を目にしますが、
意外とすぐにやわらかくなるので、少し固いくらいがちょうどよいと思います。

ちなみに私は霧吹きを使用していますが、ベトナムでは濡らした手を直接ライスペーパーに擦り込む
ようにしてそのまま手にのせて具材を巻いていて、まるで手巻き寿司を食べる感覚のようです。

● 生春巻きだけではない!ライスペーパーを使った調理法

ライスペーパーは生春巻き以外でもサラダやデザートにもご利用いただけます。



また、火を使わず、お子様でも安心してお使いいただけますので、お好みの具材を用意して
お誕生会などのファミリーイベントではみんなでワイワイ楽しめますので、
この機会に是非お試しを!!

グルマンクラブ公式サイト http://www.gourmand-club.com
2019.10.09 07:37 | 固定リンク | ベトナム料理
マダミアナッツオイルの脂肪酸について
2019.09.30
こんにちは、協同食品株式会社(グルマンクラブ)の山野井です。

今回は健康オイルとして徐々に人気が出てきている『マカダミアオイル』を紹介します。



『マカダミアオイル』はその名のとおりマカダミアナッツのオイルです。



コールドプレス製法で抽出されたオイルは、ほのかなナッツの風味があり
サラダドレッシングや製菓材料としてもご利用いただけます。



エリーシアンアイル マカダミアオイル 250ml



● 豊富な一価不飽和脂肪酸

マカダミアオイルの脂肪酸は、オレイン酸やパルミトレイン酸などの一価不飽和脂肪酸が
約8割と豊富に含まれており、その中でも弊社取扱いの『エリーシアンアイルブランド』は
オレイン酸が62.1%、パルミトレイン酸は16.8%も含まれています。

以前にもご紹介しておりますが、オレイン酸は血中の善玉コレステロール(HDL)値はそのままで、
悪玉コレステロール(LDL)値を下げる働きによって、動脈硬化のリスクを低下させたり、
胃腸の調子を整えたりするほか、小腸で吸収されにくく大腸まで届きますので、腸の働きも良くして
便秘の予防になるともいわれています。

また、オレイン酸は抗酸化作用があるので酸化しにくく、
ガンの原因となり得る過酸化物質を作りにくくするはたらきもございます。

一方『パルミトレイン酸』は、昨今注目されている『オメガ7(nー7)系脂肪酸で、
人の皮脂にも約1割含まれております。しかしながら、これが加齢とともに減少して行きます。

マカダミアオイルはもともと美容などで使用するキャリアオイルとして知られており、
肌への浸透性の高さが特徴で、肌の再生を促す効果があるということから、私自身も約3ケ月
塗り続けていたで角栓が取れた経験があります(当然ながら個人差等があると思います)。

また、パルミトレイン酸は血管内まで入ることができるため、血管を強化するはたらきもあると
いわれており、高血圧や脳卒中予防などにも良いとされております。

マカダミアオイルのパルミトレイン酸の含有量は、他の植物油より非常に高く、お料理や美容など
さまざまな用途にご使用いただけます。


● 高温加熱調理が可能です。

マカダミアオイルの発煙点は186℃、発火点は330℃といわれています。

よって、マカダミアオイルは高温加熱調理が可能で、しかも酸化しやすいといわれる
リノール酸含有量が非常に低い(ちなみに、エリーシアンアイルブランドは、2.1%)ので、
酸化しづらいことも大きな特徴です。


● まとめ

いかがでしたでしょうか。弊社もマカダミアオイルを取扱いはじめてから約20年になりますが、
これらの理由により人気の衰えを感じさせず、輸入実績を伸ばしております。

あなたもこの機会に是非、お試しになりませんか(*^-^*)

グルマンクラブ公式ホームページ http://www.gourmand-club.com
2019.09.30 17:55 | 固定リンク | 健康
「サンバルゴレン」とは??
2019.09.05
こんにちは、協同食品株式会社(グルマンクラブ)山野井です。

このたびの九州地域豪雨災害にて被害に遭われた方々に、心よりお見舞い申し上げます。

大阪もここのところ毎日午後になるとゲリラ豪雨になっております。

さて、先日お客様より「サンバルゴレンの素の取り扱いはありますか?」という
お問い合わせをいただきました。どうもありがとうございます(*^-^*)

実は、私が以前営業をさせていただいていた約12年の間において3~4回同様の
お問い合わせをいただいたことがあります。

しかし、当時無知な私はお客様に申し訳ない気持ちで「弊社での取り扱いはございません。」と
お断りをしておりました。

このことを今でも覚えており、今回お問い合わせをいただきましたことをきっかけに
「サンバルゴレン」について調べました。

サンバルゴレン

去る4月3日に、インドネシア料理の基礎調味料のコーナーで「サンバル」について
ご紹介しましたが、「サンバル」は、赤唐辛子をベースに香辛料などを混ぜた辛味調味料で、
現地の家庭やレストランなど一般的に料理に合わせて手作りします。



「サンバル」の種類はたくさんあり、以前弊社スタッフがインドネシアに訪問した際に
サンバル専門のレシピ本を購入してきたので、拝見したところナント、76種類もあってビックリ!!

















また、「ゴレン」はインドネシア語で「炒める」という意味なので、
直訳すれば「炒めたサンバル」となりますが、「サンバルゴレン」とひとことでもさまざまな種類が
あることがわかりました。

※おもなサンバルゴレン

 ・sambal goreng daging(肉のサンバルゴレン)
 ・sambal goreng kentang(じゃがいものサンバルゴレン)
 ・sambal goreng tenpe(テンペ=大豆の発酵食品 のサンバルゴレン)
 ・sambal goreng ayam(鶏のサンバルゴレン)
 ・sambal goreng tahu(揚げ豆腐のサンバルゴレン)
 ・sambal goreng udang(えびのサンバルゴレン)
 ・sambal goreng ikan(魚のサンバルゴレン)
 ・sambal goreng tumis(イカのサンバルゴレン)
 ・sambal goreng telur(卵のサンバルゴレン)        等々。

 いわば、サンバルゴレンを辛味調味料として使用した料理となりますね。

ちなみに、日本に輸入されている「サンバルゴレンの素」をさらに調べ、参考レシピから
どうもバリ島で広く食べられている「鶏のもつ煮込み」のことを指すらしく、
現地では「sambal goreng ati(サンバルゴレン アティ)」とよばれているようです。

トマトとココナッツミルクとサンバルが合わさったソースで、炒めた鶏もつとフライドポテトを
具材に作るようで、弊社製品の場合は意外にも「ナシゴレンの素(インドネシア炒飯の素)」で
作れることがわかりましたよ(*^-^*)

1から手作りすると大変で、サンバルゴレンの材料だけでも、ココナッツミルク、
唐辛子(数種類)、砂糖、食塩、にんにく、エシャロット、トマト、植物油、キャンドルナッツ、
ガランガル(東南アジアではポピュラーな生姜の一種)、レモングラス、白コショウ、発酵えび 等を
揃えなければなりません。

一方、今回ご紹介の「コキタのブンブ・ナシゴレン(ナシゴレンの素)」は、唐辛子、トマト、
エシャロット、砂糖、食塩、植物油、レモングラス、ガランガル、にんにく、えびペーストなので
「これは使える!!」と思いました。

コキタ ブンブ・ナシゴレン マイルド 60g袋





では料理にチャレンジ(*^-^*)

※材料
 コキタ ブンブ・ナシゴレン マイルド(ナシゴレンの素)、鶏もも肉、鶏砂肝、鶏レバー、
 野菜(今回はフライドポテトは使わず、キャベツ・たまねぎ・にんじん・きのこ類が入った
 ミックス野菜を使用した)、ココナッツミルクパウダー、食用油

※作り方

① フライパンに食用油をひき、一口大にカットした鶏もも肉、砂肝、レバーを炒める。


② 表面がキツネ色に変わったら野菜を入れる。


③ 野菜がしんなりとしてきたら「コキタ ブンブ・ナシゴレン」を入れて、よく混ぜる。


④ 調味料が具材に馴染んだら、ココナッツミルクパウダーを入れます。
  ココナッツミルクでももちろん大丈夫ですが、野菜から水気が出ますので・・・
  というか、手元になかったのです(・_・;)
  あっ、ココナッツミルクパウダーを使うのであれば、ダマにならないように注意が必要です!
 
  なお、ココナッツミルクの量はお好みによりますが「ブンブ・ナシゴレン」60gに対し、
  ココナッツミルクパウダーを30g使用しました。
  液体のココナッツミルクなら100mlくらいが目安です。


⑤ ひと煮立ちしたらできあがりです。調理時間は20分くらいでした。
  あまり煮込んでしまうと具材がかたくなってしまうので注意してね(#^.^#)




さて、肝心の味ですが、ココナッツミルクの風味と野菜の甘みがマッチしていて、ごはんとの相性も
とてもよかったのですが、「ブンブ・ナシゴレン」がマイルドな味になっているので、日本人には
ちょうどいいかもしれませんが、もうちょっと辛味が欲しかったなぁ~!!と・・・。

本場バリ島のサンバルゴレンにするのであればサンバルアスリで辛味を加え、ケチャップマニスを少し
入れてコクを出すなど、次回またチャレンジしたいと思いますので、乞うご期待(*^-^*)

ABC サンバルアスリ 335ml


ABC ケチャップマニス 600ml


グルマンクラブ公式ホームページは http://www.gourmand-club.com